ドラゴンズ松坂大輔のように

2018年11月05日

先日、AUP学長の出口治明さんの講演の動画を拝見しました。

出口さんは、「定年制を廃止すれば、健康寿命が延びる」、そのために、シニアのセカンドキャリアは、

中日の松坂大輔

のように積んでいくことが望ましいとおっしゃっていました。

ご存知の通り、松坂選手は西武ライオンズで活躍し、渡米した後、ソフトバンクに鳴り物入りで入団しました。
しかし、結果が出ず退団。

その後、中日ドラゴンズのテストを受けて
年俸96%ダウンで入団。

「平成の怪物」と言われた松坂選手が、過去の栄光にすがらず
1から再スタート
し、一軍でも活躍しています。

シニア世代には、「過去に役員だった」「部下が何人もいた」
という人もいるでしょう。

それはあくまでも過去の話

昔のキャリアを一旦脱ぎ捨てて、新しいキャリアを積む覚悟が必要だと感じました。



  


Posted by nori910 at 22:45Comments(0)